誰からも「気がきく」と言われる45の習慣 思わずマネしたくなる一流秘書の技術

誰からも「気がきく」と言われる45の習慣 思わずマネしたくなる一流秘書の技術

ページ数
192 ページ
出版社
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
言語
日本語
ISBN-10
4844371118
ISBN-13
978-4844371113
発売日
2010年11月15日
価格
1,344 円

購入する

ついに、20万部突破!!
能町光香の処女作、かつロングセラーの作品です。
ビジネス書ランキングにも続々登場!
ビジネスマン、主婦、学生などなど…じわじわと話題になっています。

初対面のあいさつ、目上の人と話すとき、ちょっとした飲み会。
「気がきくようになりたい!」と願う場面は誰にでもあります。

「どうすればあの人みたいにできるの?」
「なんで自分の気づかいは伝わらないの!?」

と、悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで本書では、気配りのプロフェッショナルであるベテラン秘書が、
「さりげない気づかい」で周囲の人から「感謝」や「信頼」を得る方法を
全45項目で述べていきます。また、巻末には冠婚葬祭をはじめとした

「今さら人には聞けない、オトナの常識とマナー」を収録しており、

実用性も抜群です。

人として大切にしていきたいことを、噛みしめることができます。

「従業員に読ませたくて買った!」という

経営者の方や高級クラブのママさんなどの声多数!
人に送る本としてもおすすめです。

【書籍目次】

第1章 いつでも気がきく人の3つの共通点
1、相手ありき
2、尊敬する
3、先読みする

第2章 信頼される人の気づかいの習慣

4、言葉よりも行動で
5、感情に寄り添う
6、タイミングを読む
7、人やものにあたらない
8、我を押しつけない
9、想像力で先読みする
10、下心を持たない
11、言い訳・責任転嫁しない

第3章 臨機応変なコミュニケーションで敵をつくらない

12、誰にでもフェアに接する
13、人に興味を持つ
14、自分と相手の立場と役割をわきまえる
15、対面コミュニケーションを大切にする
16、本音で接する
17、好き嫌いを出さない
18、必ず「おはよう」と言う
19、聞くときはじっと聞く
20、新しい環境ではキーパーソンを見つける
21、人を迎えたときには食事をする
22、気難しい人とは感情で付き合わない

第4章 細やかな配慮でやる気を引き出す

23、マネジメントをしてもコントロールはしない
24、絶対に「ダメ」と言わない
25、意見を聞く、考えを聞く
26、Give&Takeはしない
27、エンディングを気持ちよくする
28、ちょっとした一言を惜しまない
29、相手が喜ぶプレゼントをする
30、お礼には一筆添える

第5章 言いにくいことも言えるようになるスマートな伝え方

31、話の要点がわかりやすい
32、読まれるメールを送る
33、余計なプレッシャーを抱えない
34、余計なことを言わない
35、初対面でも沈黙を恐れない
36、キッパリと断る
37、注意しない、否定しない
38、気持ちのいいお願いをする

第6章 気配り上手の効率的なタイムマネジメント

39、時間感覚を意識する
40、計画性がある
41、決断が早い
42、面倒をためない
43、準備はしても完璧を目指さない
44、勉強や仕事は朝にやる
45、気疲れを癒す

終章 今さら人には聞けない、オトナの常識とマナー5編

1、贈り物編
2、食事編
3、結婚式編
4、葬儀編
5、来客・訪問編