社長秘書養成コース(専科)

本コースは、専門能力を高める「専科」コースになります。

組織において、社長秘書は、特別な存在です。組織のビジョンやミッション、経営戦略や組織戦略を理解し、経営者のパートナーとなれる器量が求められます。
社長と社長秘書関係は、「光と影」のようなものです。社長秘書の存在があってこそ、社長は業務に集中し行動ができるのです。また、社長の行動が「会社の命運」を分けます。社長秘書は、会社の明暗を分ける経営者を補佐する重要な人材なのです。

能町光香は、「社長秘書には、他の秘書とは異なる社長秘書だけの重要な任務がある」と言います。いったいそれは、どんなことなのでしょうか。
社長秘書は、通常のアシスタント業務に留まらず、当然、企業経営やマネジメントについて理解していなければなりません。また、企業の命運を左右する機密事項の量も増えてきますから、常に慎重かつ丁寧な業務が求められるだけでなく、組織運営を円滑にするスキルも求められます。そこでは「経営者を補佐する」するためのあらゆる分野に渡り精通する必要があります。

本講座では、経営者の右腕となって働く‘本物の’社長秘書とは、どんな働き方をしているのか? その資質、仕事内容、ビジネススキルなどをお伝えします。

本講座が終わる頃には、社長秘書として「どのような意識や考えを持ち、どのような知識やスキルを身につけ、行動したらいいのか?」がわかってくるでしょう。

社長の「真のビジネスパートナー」となる、そんな一歩を踏み出してみませんか?

受講対象者

・社長秘書
・副社長秘書
・役員秘書
・社長室や経営企画室で働くアシスタント
・総務部付き社長の補佐をしている人
・これから社長秘書になりたい人
・将来オフィス・マネジャーになりたい人

講座内容(一部)

・社長秘書の機能と役割
・社長秘書としての品格を磨く
・社長秘書として必要なビジネススキルとは?
・社長秘書が身につけておきたいエグゼクティブ対応コミュニケーション術とは?
・社長秘書に求められるチームマネジメント力
・組織改革力を身につける
・誰からも信頼される社長秘書になるために