一流秘書とは?

一流秘書養成スクールは、「その人のプレゼンス(存在感)と豊富な経験から編み出される光り輝く結晶」として、上司や周囲の人たち、組織からも重宝される「一流の秘書」に育ってほしい、そんな願いから名付けられました。
プロフェッショナルな人材は、周囲から必要とされ、選ばれるかけがえのない存在です。
また、「その人らしさ」を表現できる仕事をし、自他ともに高い評価を受け、満足のいく職業生活を営んでいます。

「一流秘書」とは、広義では、上司のマネジメント(経営)を楽にする存在のことです。
そこには、一流秘書としてのマインドの持ち方、仕事の流儀、働き方があります。
誰もができる仕事ではなく、専門的な仕事なのです。

一流秘書が活躍する時代へ

時代を悠々自適に乗り切るのは、「プロフェッショナル力」のある秘書です。

プロフェッショナル力をもつ秘書人材とは、「社長秘書」「エグゼクティブアシスタント」というタイトルを意味するものではありません。 また、秘書としての経験年数を表すものでもありません。
社長秘書として働く人でも、スキルや能力不足のため、組織を導く上司を十分に補佐できていない人もいます。

プロフェッショナルとは、組織内で、プロとしての成長力をもち、才能や能力を存分に発揮し、仕事の意義を見つけ、日々の業務に邁進できる人材です。これからの時代、上司や周囲の人たちから言われたことだけをこなす「受け身」的な仕事をする秘書では、不十分なのです。

労働派遣法改正、正社員雇用の減少、クラウドソーシングの発達などにより、「秘書・アシスタント」を取り巻く労働環境が変わりつつあります。 それに伴い、企業が求める秘書・アシスタント業務の知識やスキル、能力も大きく変化しています。「組織に依存する」というマインドから抜け出し、「プロフェッショナルな存在として働く」という気持ちをもって働くことが重要です。 そんな人こそ、どんな状況であっても抜擢され、重宝される人材になるでしょう。

あなたが会社勤めをしているとしたら、どんな理由があるのでしょうか?
なぜ、その仕事をやりたいのですか? また、なぜその仕事を任されているのでしょうか?
そのことについて考えたことはありますか?

自分の「職業的存在理由」を追求でき、その存在理由から知識・スキル・経験を身につけ、それらを活かす知恵が、今誰もが求められています。そのことに気づくことから、すべてが始まるのです。

周りから重宝され、良い評価をうける人材に変わる秘訣とは?

残念ながら、多くの方がこんな誤解をもっているようです。 それは、評価は怖いものという誤解です。
あなたは、上司や周りからの評価を避けていませんか? 秘書の仕事は、千差万別です。
数値化しづらい秘書の目標設定は曖昧であり、そのため、良い評価を得るのは難しいとあきらめ、やる気を失ってしまう人もいらっしゃいます。 果たしてそうでしょうか? 人を補佐する仕事につく人は、多くいらっしゃいます。
それでは、バックオフィスで働く人のモチベーションを維持することはできません。

一流秘書は、「評価システム」は、「成長を促すしくみ」であると考えます。ですから、決して恐れることはないのです。 一流秘書は、上司や関係者と話しあい、目標設定に熱心に取り組みます。なぜなら、効果的な目標設定により、1年間でグンと成長できることを知っているからです。さらに、自身の能力開発に関しても関心が高い傾向にあります。なぜなら、秘書の能力が高まれば高まるほど、上司の仕事の成果が上がり、今よりも上司が楽に仕事を進めることができることを知っているからです。上司のブレイン(頭脳)となり働くためには、プロとしての成長力が必要なのです。

あなたは、職場で自ら成長できるきっかけづくりをしていますか?
あなたの成長を喜んでくれる人が周りにいますか?

終身雇用システムが終わりをつげ、「どうしたら付加価値の高い人材になれるのか?」を考えることが重要です。

あなたは、いくつ自分の仕事上の成果を書き出すことができますか?
あなたの能力をどのように証明することができるのでしょうか?
資格ですか? 語学力ですか? 上司からの推薦ですか?

日々同じルーティンワークをしながら10年20年と働いているだけでは、「プロフェッショナル力」は身につきません。 気遣い、笑顔、忍耐力・・・こういった資質だけでは良い評価を受ける機会は減っていくでしょう。
これからは「具体的な実績と成果」を作り出すキャリアづくりを意識した働き方を誰もが考えなければなりません。

21世紀は、自分の強みを活かした一流秘書が活躍する時代です。 秘書は、専門職です。
時代は、「ジェネラリスト」ではなく、「スペシャリスト」となる人材を求めています。

「一流秘書」としてふさわしい人間力、能力、スキル、技術、コンピテンシーを兼ね備えた人材になるための教育プログラムを提供することが、一流秘書養成スクールの役割の1つだと考えています。

時代を悠々自適に乗り切るのは、「プロフェッショナル力」がある秘書です。

プロフェッショナル力とは、「社長秘書」「エグゼクティブアシスタント」といったタイトルではありません。ましては、経験年数でもありません。

組織内で、あなたの能力が発揮され、さらに上司を補佐する「意義」を見つけ、その業務に邁進できる人材です。こういった人材は、上司にとって部下ではありません。つまり上司から信頼され、組織から必要な人材とみなされる、一流秘書としての証となるのです。

労働派遣法改正、正社員雇用の減少、クラウドソーシングの発達など「秘書・アシスタント」を取り巻く労働環境が変わりつつあります。また企業が求める「秘書/アシスタント業務」の知識やスキル、能力、そして経験も大きく変化しています。「組織に依存する」というマインドから抜け出し、「プロフェッショナルな存在として働く」という気持ちをもって働くことが重要です。そんな人こそ、どんな状況であっても抜擢される人材として重宝されるでしょう。

あなたが会社勤めをしているとしたら、どんな理由があるのでしょうか? なぜ、その仕事をやりたいのですか?もしくは、なぜその仕事を任されているのでしょうか? なぜ、その業界で働く縁が出来たのでしょうか?

このように、会社のなかで、部門のなかでの「自分の職業的存在理由」を追求でき、その存在理由から知識・スキル・経験を、自分なりに活かす知恵が求められているのです。まずは、あなた自身が、いまの会社、仕事を必要としていることに気づくことから、すべてが始まるのです。